FC2ブログ

権藤優希のモテブログ

老若男女、誰からもモテる自分になるために

【お知らせ】新サイトにお引越しします

こんにちは。
モテ実業家・権藤優希です。

いつも私のブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
そんな私のブログを読んでいただいている皆さんにお知らせです。


昨年の5月から書いてきたこのブログを、新しいサイトにお引越しします。

新しいブロブでも今までのように恋愛結婚、モテについて書いていきます。
気軽に読んでいただければと思います。


新しいブログはこちらです。


これからも、皆さんの役に立てるように、いろいろなブログを書いていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

権藤優希

スポンサーサイト



冬だからこそのエチケット!体臭ケア!!

こんにちは。
モテ実業家・権藤優希です。

冷え込む日が続きますね。
先日は香りについてのブログを書きました。
(先日のブログはこちらです。)

今回は香りも大事ですが、そもそもの体臭ケアについて書いていきたいと思います。

冬の汗は夏よりにおう?
みなさんは「夏」と「冬」だとどちらが臭いがする思いますが?
夏はいっぱい汗をかくから夏?
みなさん最初はそう思うのではないでしょうか?

確かにたくさん汗をかくのは夏です。
水分もたくさんとりますし、汗も噴き出るように出ます。

それに比べて冬は摂取する水分量も少なければ、汗もかきにくいです。
ただし、水分が少ないということは濃度が濃くなっています

蒸れたにおいは冬場が多いのではないでしょうか。
ニットで蒸れたワキ
ブーツで蒸れたアシ
くさ 

『スメルハラスメント』という言葉があるくらい、臭いは相手に不快感を与えてしまうので
私も臭いには特に気を付けるようにしています。

もしも、好きな彼女から酸っぱい臭いがしたら
もしも、好きな彼氏からアンモニア臭がしたら

1000年の恋も冷めますね。


どうしたらいいの?
な 

汗は菌の繁殖によって悪臭となります。
この対策としては
・汗は濡れタオルで拭く
・雑菌を増やさない
・靴のケアをする

あせふく 

何事もこまめにケアすることが大切です。
モテに限らず、ビジネスシーンでも気を付けたほうがいいですね。
今一度、自分のにおいはどうだろう?と確認してみてください。

清潔感見た目匂いも大切です。
相手に良い印象を与えるということを意識して
体臭ケアで冬もモテモテになりましょう!

スーツ 




いよいよバレンタイン本番!世界のカップルはどんな風に過ごしてるの?

 こんにちは。
 モテ実業家・権藤優希です。


 いよいよ、バレンタイン本番ですね。

 このブログの中でも、何回かバレンタインに関連することを書いてきました。


 今日は、みなさんどんな風に過ごしますか?

 日本では、女性から男性にチョコレートを渡すことが一般的ですが、海外では日本とは違う過ごし方をするようです。


イギリス

201902131758080ff.jpeg  

 バレンタインにチョコレートを渡すという習慣は、19世紀後半にイギリスで始まりました。


 キャドバリー・シュウェップス社がハート型の箱にチョコレートを詰めて発売したのが最初と言われています。

 そんなイギリスでのバレンタインデーは女性から男性に渡す日というよりは、カップルで愛を確かめ合う日という日になっています。

 プレゼントにメッセージカードを添えて一緒に渡すことが一般的なようです。





アメリカ

201902131758063e6.jpeg 

 アメリカでのバレンタインは、男性から女性にプレゼントを渡します。


    このプレゼントはチョコレートに限らずジュエリーやバラ、そしてテディベアをプレゼントすることもあるそうです。


 また、日本との最大の違いは、男性からお母さんにプレゼントを渡すということ。

 好きな女性だけでなく、自分を育ててくれた大切な女性であるお母さんにも日頃の感謝の気持ちを伝える日なのですね。



イタリア

20190213175805c75.jpeg  

 以前お伝えした通り、バレンタイン発祥の地であるイタリア。


(バレンタインの起源についてはこちらをご覧ください。)


 他の国と同じように、男性から女性にプレゼントを渡すのが一般的です。
 そんなイタリアで一番人気のプレゼントは、赤いバラ。

 まさに情熱の国、イタリアならではですね。

 ついで人気なのが、ジュエリーやランジェリー、香水などで、チョコレートはあくまでおまけという扱いなようです。






プレゼントと一緒に伝えよう!

 日本とは違い、海外では男性から女性にプレゼントを渡すことが多いバレンタイン。

 文化は違くとも、カップルにとっての愛の日であることは変わりません。


 今年のバレンタインは、プレゼントと一緒に普段言えない感謝の気持ちを伝えると、いつもと違う思い出の日になるかもしれませんね。


モテる人とはどんな人?また会いたい、もっと一緒にいたいと思われる人になるために

 こんにちは。
 モテ実業家・権藤優希です。
    唐突ですが、みなさんは「モテる人」とはどんな人だと思いますか?
    容姿がカッコいいまたは綺麗な人、面白い人、仕事ができる人、スタイルがいい人など、様々な要素があると思います。
    しかし、これらの要素には共通することがあります。
    それは、
「また会いたいな」
「もっと一緒にいたいな」
と思うような、魅力的な人であるということ。
    「モテる」ということは、「人が集まる、人気のある人である」ということなのです。
    今日は、私が「また会いたいな」、「もっと一緒にいたいな」と思うのはどんな人なのかということを書いていきたいと思います。
    男性、女性関係なく共感していただけるところがあると嬉しいです。

褒めてくれる





「すごいね!」
「かっこいいね!」
と自分自身のことや、自分の頑張っていることなど小さなことでも褒めてもらうのは嬉しいものです。
    褒めるとは、自分のことを認めてくれているのはもちろん、よく見てくれている、気にかけてくれているということだと思います。
    それを言葉にして伝えてくれると、とても嬉しいですし、また会いたいなと思いますよね。

仕事や趣味に理解がある





    「モテ実業家」という仕事(肩書き)を私は非常に気に入っていますが、もしそれを否定したり非難する人がいたら私はもうその人とは会いたくないなと思ってしまいます。
    逆に、理解を示してくれ、応援してくれる人がいたら大切にしたいと思いますし、その人のことも一緒に応援したいなと思います。
    趣味についても同様で、たとえば私は旅行やグルメなどにお金を使いたいなと思いますが、それに共感してくれる人と時間を共にしたいな思いますね。
    目の前の人の理解に努めてくれる人は、器が広く心が優しい人。そういう魅力的な人に、人は集まるのだと思います。

自立している





    「この会社だからうまくいかない」、
「○○さんのせいでこうなってしまった」、
というように、いつも何か物や人に原因を置いている人は自分に成長がないと思います。
    それではもったいないですよね。
    周りの人や物事に関しては変えることはできないので、自分自身を変えることが一番の近道です。
    そうやって、何か物や人に依存するのではなく、自分自身の中に芯を据えている人は一緒にいて前向きですし、切磋琢磨していけるなと思います。

モテる人は


    モテる人は、一緒にいる人に良い影響を与えて、その結果、また会いたいな、もっと一緒にいたいなと思われるのだと思います。
    異性だけではなく、同性にもモテる魅力的な人になるために、私もさらに自分を磨き続けていきます。
オンラインサロンモテモテ塾』公式サイトはこちらです◆

遠距離恋愛ってつらいもの?物理的な距離より心の距離を近付けよう!

こんにちは。
 モテ実業家・権藤優希です。


 数日前に、友人から結婚の報告がありました。

 交際期間は約3年ほどでのゴールインです。

 これは、とても嬉しい報告でした。

 この友人の彼女とも知り合いで、両方の恋愛相談によく乗っていたのですが、まさか結婚までいくとは思いませんでした。


 なぜなら、彼らは付き合った2日後から日本とニューヨークの遠距離恋愛をしていたのです。


遠距離から始まった恋愛



airport-2373727_640.jpg 

 今回結婚した2人は、彼が海外赴任が決まっていて、赴任直前に交際をスタートしました。

 不安はなかったか?と言えばそんなことはなかったはず。


 時差もがあるので、頻繁に連絡も取れません。

 会いたい時に、すぐに会える距離にもいません。

 彼の一時帰国のタイミングや、彼女の休みを合わせてニューヨークに会いに行っていました。


 私は2人の共通の友人なので、お互いの話を聞くことが多かったのですが、2人ともいっていたのがこの言葉。

『離れているから、お互いの良さがわかる』

でした。

 これは、とても深い言葉です。


一緒にいる時間の長さ=幸せ?



cat-2573616_640.jpg 

 学生の頃は、一緒にいる時間が長ければ長いほどいいと思っていませんでしたか?

 「恋人との時間が一番大事!」と、他の予定を断ることもあったのではないでしょうか?

 しかし、大人になるとそうもいきません。

 仕事のこと、会社のこと、会社以外の付き合いもあるでしょう。

 なかなか、学生時代のように、『恋人第一優先』というわけにはいきません。

 ただ、分かってはいるけれどなかなか会えないことに不安になったり、連絡が遅くなることにイライラしたり。

 そんな些細なすれ違いが原因で喧嘩をしてしまったり。


 ただ、今回結婚した私の友人夫婦のように、すぐに会えないのが当たり前・連絡が頻繁に返ってこないのが当たり前だと、たまに会えることや連絡を取れること、それ自体が幸せなのです。


 一緒にいる時間の長さだけが、幸せの証ではなく、離れていても心の距離が近くにあることが、幸せの証なのだと、彼らを見ていると感じます。


物理的な距離より心の距離を近付けよう!



balloon-1046658_640.jpg 

 IT化が進み、いつでもどこでも連絡がとれることが当たり前になった現代。

 もしかしたら、そんな当たり前が恋人との距離を逆に遠くしてしまうこともあるのかもしれません。


 好きな人と出会って、恋をして、両思いになれたこと。

 それだけで奇跡のはずなのに、私たちはそれ以上に求めてしまいます。もちろん、それは好きだからこそのこと。

 物理的な距離を近くすることより、心の距離を近くする方が、きっとお互いが幸せになっていく近道です。

 心の距離を近付けて、恋人との幸せな道を歩んでいきましょう!




オンラインサロンモテモテ塾』公式サイトはこちらです◆