FC2ブログ

バレンタインデーは若者たちの愛を守った日。愛を伝えよう!

こんにちは。
 モテ実業家・権藤優希です。


 バレンタインデーまであと4日。

 皆さんは、誰にチョコレートを渡すか決めましたか?

(先日書いた、今年オススメのチョコレートのブログはこちらです。)


 日本では、女性から男性にチョコレートを渡すのが定番となっていますが、海外では男性から女性にプレレゼントを渡すことも多いようですね。

 日本だけでなく、世界中で恋人たちの愛の日とされるバレンタインデー。では、なぜバレンタインは恋人たちの愛の日とされているのでしょう?

 そこで今回は、バレンタインの起源を調べました。


バレンタインデーの起源



love-3091214_640.jpg 

 バレンタインデーの起源は、1207年まで遡ります。

 時はローマ帝国時代。皇帝・クラウディウスは若者たちの結婚を禁止しました。

 その理由は、これから兵隊となり、戦地に赴く彼らが、愛して守るべき家族たちのことを考えて戦争に集中できないのを防ぐため。

 彼らが、祖国のために命を捧げるための策でした。


 それに反発した人が、のちにバレンタインデーの名前の由来となった『ヴァレンティヌス』です。

 彼はキリスト教の司祭で、結婚を禁止された兵士たちのために、内密で結婚式を執り行っていました。


 これが、皇帝クラウディウスの耳に入り、皇帝は激怒。

 二度と結婚式を執り行わないようにヴァレンティヌス司祭に忠告しましたが、それでも愛し合う若者たちのために結婚式を執り行い続けたヴァレンティヌスは、1207年2月14日に処刑されました。


 それ以降、若者たちの愛を守ろうとしたヴァレンティヌス司祭にちなんで、キリスト教徒の中で2月14日を『バレンタインデー』と呼ぶようになり、世界中で恋人たちの愛の誓いの日となりました。




大切な人に愛を伝えよう!



literature-3060241_640.jpg 

 自らの命をかけて恋人たちの愛を守ったヴァレンティヌス司祭。

 自分のためでなく、他の誰かのために命をかけられるのって、素敵ですね。


 恋人たちのために、皇帝に屈せず自分の想いを伝え、行動に移したヴァレンティヌス司祭のように、

 私も、今年のバレンタインデーは大切な妻に、日頃の感謝といつも照れくさくて言えない愛を伝えようと思います。






スポンサーサイト



権藤優希
Posted by権藤優希

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply